タダシップ通販|効果や副作用を解説【タダシップJP】

薬の併用は危険

33.jpg

複数の薬を同時に飲むことの危険性について説明します。忙しくて病院に行けない時などは、自己診断せ薬局やドラッグストアーで購入して、服用する人が増えています。しかし、薬の知識がないのに、同時に2種類の薬を飲むことはとても危険な行為なのです。

 

例えば胃薬の場合には、胃酸の分泌を促進するタイプのものと、胃酸を抑制して粘膜を守るタイプの2種類があります。前者は消化不良を助けるもので、後者は胃痛を改善するものです。

 

同じ胃薬を、素人判断で同時に飲んでしまうと、体に負担がかかるだけで、効果的な小夜を得ることはできません。

 

一般販売されている薬は、比較的作用が穏やかなので、同時に飲んでもそれほど大きな悪影響が出ることは稀ですが、病院から処方されたものと、一般販売されている薬とを同時にとると、場合によっては過剰摂取などの症状が現れ、大きな副作用が現れることがあります。

 

一つの例としては、病院から処方された睡眠薬と、ドラッグストアーで買った水虫の塗り薬とを併用したことによって、全身のふらつきや錯乱などの症状が出ることがあります。

 

睡眠薬に含まれている「トリアゾラム」と水虫の薬に含まれている「イトラコナゾーム」とが反応することから起こります。

 

ED治療薬のバイアグラは、心臓病の方が服用しているニトロとの併用は禁忌です。
もし、ニトロとの併用をしてしまうと最悪の場合死亡事故になってしまう場合があります。