タダシップ通販|効果や副作用を解説【タダシップJP】

ED患者の年齢について

ED患者の年齢

日本でもEDを自覚する人は数多くいます。その割合は高齢になればなるほどその頻度は高いです。しかし、実際にEDの治療をする人はとても少ないのです。

 

若いうちに勃起不全になった人は、それが原因で不妊となり状況は深刻化します。そのためにED治療を受ける人の多くは若い年齢の人です。

 

ある病院の勃起不全・EDでの受診した患者の年齢層を調べてみると圧倒的に20代30代の年齢層が多いです。やはり子作りに影響の出ることから勃起不全を完治させたいという気持ちがとても強いのでしょう。

 

患者の約7割がこの年齢層に当てはまり、高齢腫はほとんどと言っていいほど受診していないデータがありました。その後バイアグラが発売されてからとても興味深いデータがとれているのです。

 

それはバイアグラが発売されてからの高齢者の受診が著しく増えたことです。これはバイアグラの登場により今まで治療をあきらめていた人が外来受診する頻度が増加したことが原因です。

 

受診すればEDが治ると思えるようになったことはバイアグラ働きによるところが大きいです。EDは放置しておくと、どんどん症状が悪化していきます。治療しないで回復することはまずありません。

 

日本でも少子個売れ蚊がどんどん進んでいます。このまま高齢者社会になると、今後は結婚適齢期のED男性と高齢者のED男性の両極の患者数の増加が見込まれています。

 

今後も現状ある治療法よりももっと効果的で安全な方法が開発されていくことは期待できます。

 

EDと弾性の不妊も絡めて、通常の疾患として認識されるようになってきており、この状態の中でEDの疫学は、EDに関連する基礎知識、生活習慣を明らかに直接的手段となりえます。

 

今後の研究課題としては、治療よりも予防が大切だということです。