タダシップ通販|効果や副作用を解説【タダシップJP】

腎不全や透析によるED

腎不全や透析によるED

腎臓機能の低下や、糖尿病による透析患者においてもEDが高い確率で併発します。慢性的な腎不全で早く40%、透析患者さんでは50%の人が完全にEDになっています。

 

慢性腎不全患者さんのEDの原因としては、神経系と血管系の両方が考えられます。そのシステムとしては次のように考えられています。

 

動脈硬化と関連して血管に伴うEDの原因、低酸素症による細胞組織の繊維化の促進、一酸化窒素の合成が少なくなる、これらの要因が関連して、EDの原因となっているのです。

 

また透析患者さんのEDの原因としては、実は神経系の要因が最も大きいことがわかっています。

 

それ以外に病的な理由のEDは、ホルモンバランスの乱れなどがあります。男性ホルモンには性欲、性行動に大きく影響します。医薬品によって男性掘るノンの分泌量が下がることがあり、そのために性機能低下を訴える人もいます。

 

このような症状が出た場合には、その医薬品の治療病状とEDとを比べたときに重い方を重点に考えて検討すると良いでしょう。EDの症状のために投薬を停止することで、男性ホルモンの分泌が正常になり、回復に向かうことでしょう。

 

しかし、最も頻度の高い男性ホルモン低下の要因は加齢やストレスであると考えられています。加齢による男性放る門の低下と性機能との関連は、現状は明らかになってはいません。加齢によって男性ホルモンが低下しEDの症状が表れるのに対し、ホルモン補充による治療は効果が表れないことが多い。このように加齢による男性ホルモンの低下が原因のEDに対しては、男性ホルモンによるEDだとは言い切れない部分があるのです。

 

男性ホルモンと加齢が伴うEDの場合には、勃起機能を維持するための男性ホルモン量にも個人差のバラつきがありEDであると定義しにくいのが現状です。

 

そのため、ホルモンの補充の基準も明確ではない、そして、男性ホルモンが性機能の調節に関与する部位などについても不明な点が多いのです。