タダシップ通販|効果や副作用を解説【タダシップJP】

薬を飲むときは水で

薬を飲むときは水で

薬をジュースで飲むと危険な場合があるので注意が必要です。

 

また、水を使わずに錠剤をのみこむ人もいます。食後にお茶などで飲む人もいます。これは果たして大丈夫なのでしょうか?

 

実は、どれも薬を服用するうえではよくない飲み方です。水なしで飲んだ場合には、薬の成分は水と一緒に体内で溶けるように製造されています。そのために水分が足りずに内蔵の粘膜に大きな負担をかける結果となってしまうのです。特にカプセル薬の場合は水がないとカプセルが解けることができないので、注意が必要です。

 

お茶で飲んだ場合には、お茶の成分であるタンニン。牛乳の場合は成分のたんぱく質が、薬の有効成分といち早く無ずビついてしまうので、肝心の幹部には効果が届かなくなるのです。

 

特にフルーツジュース、グレープフルーツに含まれている成分が、薬の有効作用を無効化にしてしまうことがあります。

 

とにかく、薬は水で飲むことを想定して製造されていますので、それ以外のもので飲むことは体への負担が増えて、効果を得ることができないと知っておきましょう。