タダシップ通販|効果や副作用を解説【タダシップJP】

薬剤の弊害によるED

薬剤の弊害によるED

実は多くの薬剤がEDにはかかわっているのです。良く知られているものとしては、降圧薬、中枢神経薬、などがあります。

 

降圧薬がEDを引き起こしメカニズムは、血圧が低下することが原因で陰茎に血液が十分に流れ込まなくなることが挙げられます。またレセルピンなどはホルモンへの影響を知られています。

 

このように降圧薬によるEDに対して、薬剤の変更が有効であると考えられています。また利尿剤としては、サイアザイド系の薬剤によるEDが有名です。

 

中枢神経薬である抗不安薬、向精神薬はEDの大きな要因になることがあります。しかし、精神疾患に対する薬剤の場合、疾患そのものによるものか薬剤によるものか明らかでないことが多いです。

 

ホルモン薬ではエストロゲンなどのED症状を引き起こすこともあります。

 

また手術や外傷によってもEDの症状が出ることもあります。陰茎海綿体への神経股は血管が損傷された場合EDの症状が現れることがあります。

 

脊髄が傷ついたときにもEDの症状が表れることがあります。

 

また、低い部分の脊髄が損傷した時には心因性の勃起が可能な場合があり、高い部分の脊髄が損傷した場合には反射性の勃起が可能な場合があります。

 

また、競輪選手などがEDになることが多いことが報告されています。これは自転車のサドルによる動脈障害です。脊髄損傷以外でも、脳の外科手術、大動脈りゅう手術もEDを起こすことがあります。

 

また、骨盤内の手術でもEDが起こることがあります。前立腺、膀胱摘出時に海綿体神経が温存された場合でも、回復できる確率は半分ぐらいだと言われています。

 

特に手術前の勃起能力が十分でない場合では、高齢の場合はさらに回復率が悪くなります。

 

しかし、神経温存ができた場合にはクエン酸シルデナフィル(バイアグラ)による治療で8割ほどの症例が改善できるデータがあります。